--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/12/21 (Fri) スペシャルなワイン!

    P1020407_025.jpg


二次発酵中の自家製のワインが1ヶ月経ちました。
ようやく
本日、発酵ビンからワインボトルに詰め替え作業を行いました。 
 P1020178_025.jpg

サイホンを使って、ワインボトルに詰める。
P1020412_025.jpg

この段階が
ヌーボーワイン。飲んでも美味しいし、さらに2年経てば熟成ワインとなります。
今年は7本のみ、初出荷です。
 P1020416_025.jpg

出来上がり具合は、ラブラスカの香り、いわゆるナイヤガラ特有の香りが漂い、さらに口に含むと、フルーティーな甘さに芳醇なバラの香りが加わる微美なるテーブルワインができました。

ワイングラスに、2杯ほど注ぎ試飲する。 
P1020406_025.jpg
今年は、いままでのブドウと違うので、どんなワインとなるか不安でした。色は汚く見えるが、濃いオレンジがかったピンク
、光に当てると薄いローズピンクに変幻します。
 
グラスに近づけ、ラブラスカの香り、いわゆるナイヤガラ特有の香りが漂ってきます。
さらに口に含むとフルーティな甘さにバラの香りが加わり微美なるテーブルワインとなっています。アルコール度も市販のワインより強く」感じられます。

手造りワインには手造りのオリジナルラベルが似合います。(写真は2009年版)
次はオリジナルラベルを造りにこだわり、一人前のワインボトルに変身させます。
 P1300175_025.jpg
                 

カミさんが試飲させると・・これ、美味いので残してね!\(^o^)
これでは、おそらく
1月まで持ちそうもありませんね。

スポンサーサイト

ワインga好き | trackback(0) | comment(5) |


2012/12/16 (Sun) 冬の渓流釣りの趣!

P1020372_025.jpg 


昨日、面々隊の古狸3人で、水戸の斎藤ちゃん・相棒:yo-daちゃんと群馬「赤久縄」渓流釣り場へ。
P1020387_025.jpg 

雨予報のため、8時に出発、約1時間で到着する。つり客は、すでに3名いる。料金を支払い、釣り場へと・・・ところどころの落ち込みに氷が張り、厳寒な渓流模様。
P1020373_025.jpg

予報に反して天気はよく、日が昇るにつれ気温が上がり暖かく、寒さへの完全武装は解け、
魚の活性が徐々に上がり、餌に魚が食いつき始めました。低水温の中では、沈み気味の魚の鼻先までしっかり落としてあげないと釣りにはならない。14時に納竿する。
P1020382_025.jpg

釣果は、ヤマメ・イワナを3人で52匹の大量でした。冷たい水の中、手がすぐに悴んでヒイヒイしながら魚を捌くが、こればかりは辛いものがあります。
P1020380_025.jpg 
今回は、リクエストで「甘露煮」用のサカナを焼い始めます。

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(3) |


2012/12/15 (Sat) この時期の殿様ネギ!


P1020363_025.jpg 


この時期にしか口にすることのできない「下仁田ねぎ」です。
下仁田葱は、その昔江戸の殿様にも献上されていた事から別名
『殿様ねぎ』とも呼ばれ、
その名の通り、太く大きな葱で、根の付け根からの先端まで80cm以上になるものもあります。

下仁田ネギは群馬県甘楽郡下仁田町を中心として、栽培される根深夏型ネギの品種です。
他の同型品種に比べて白根が特に深く太いのが特徴です。
一般的には白いところを食べ、青い部分はあまり食べません
また生では辛味が強すぎて食べられないほどですが熱を通すと甘くなり、その特有の風味ととろりとした食感が食通をうならせます。
P1020364_025.jpg

名前の由来については、この地域でしかできないとされた独特な葱を栽培していたことです。
下仁田周辺は葱にふさわしい風土とされ、昔から良質の下仁田葱を生産してきました。
ちなみに下仁田はこの他にも蒟蒻(こんにゃく)も有名で、両者は「葱と蒟蒻下仁田名産」といつも対で登場しますが、 現在では、ブランドとしては、下仁田町を含む甘楽・富岡地域で収穫されたものが「本場の下仁田葱」とされ、
高値で取引されています。(最近では様々な地域で生産されているようで、中国産もあるようですが・・・) 
shimo_1.jpg  
 
ネギには、ビタミンA・B2・C・カルシウム・鉄が多く含まれ、疲労回復、冷え性、血液の浄化にも効果があるといわれ、それと何より風邪も予防になり、大変いいですよ

旬を味わう | trackback(0) | comment(1) |


2012/12/05 (Wed) 取り替えて良かった!

 P1020316_025.jpg

今日は、朝からキッチンの水道蛇口交換で~す。
新しい水道蛇口は、ホームセンンターにて間から購入してあります。
水漏れもなかったので、長いことそのままにしてありました。
12月に入り、ここらで取り替えないと、カミさんに怒られそうな雰囲気でしたので・・・

水道工具を揃え、手順はイタって簡単。 
  P1020292_040.jpg

まずは、水道メーターのところに付いている元栓を止めておき、キッチンに戻り蛇口をひねって配管内の水道を抜きます。
水道が止まったら、スパナを使い古い蛇口を取り外す。
 

P1020293_040.jpg 

購入してきた、新しい蛇口にシールテープ(白いテープ)を4~5周まき、蛇口を取り付ける。
だんだん閉まってきたら、最後の1周のとき、蛇口の角度を考えてゆっくりしめていきます。 
取り付けが終わったら、元栓をあけ、取り付けた蛇口を開ける。
 
始めは濁った水が出てくるが、だんだん綺麗な水とに変わってきました。
その間に、取り付けた蛇口廻りの水漏れがないかよく点検する。
水漏れがないようなので、安心する・・・上手くいったようだ。
このあと、風呂場の蛇口も交換する。 

さてさて、取り外した旧蛇口の裏を見てみると
P1020294_040.jpg  

汚ねぇ~~!!!!!

いつも綺麗にしているつもりでも、こんなに汚れてました!

日曜大工 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。