--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/28 (Sat) 毎週・・勉強中です。

毎週水曜日は、陶芸サークルの日です。
他の陶芸クラブのTさんという方が、毎週教えてくれるということで、電動ロクロを習っております。
最近は、楽しみにしています。

自分のつくりとは、雲泥の差です。何が違うかというと、作品づくりに対して、何といっても妥協はしないということです。作品と向き合いながら、一つ一つの工程造りが繊細で、精巧なつくりに徹しています。また、道具の使い方がまったく違います。形や出来上がりが素晴らしいです。この辺を見習わなくては思っています。

今日は、Tさんの紅茶ポットづくりを見習っています。
F1010017_20120728230255.jpg

 F1010018.jpg
 
T先生が言うには、電動ロクロを上手になるためには、たくさん造って失敗を重ねることが一番いいと教えられています。

F1010014_20120728230253.jpg 

F1010015_20120728230252.jpg 

F1010016_20120728230251.jpg 

今日も、たくさん造っては粘土遊びをしました。

スポンサーサイト

やきものga好き | trackback(0) | comment(2) |


2012/07/13 (Fri) 2012年初めての留三郎小屋暮らし(2日目)

P1010905_034.jpg 

深夜3時、雨で目が覚める。暗い闇夜から窓を開け、雨足とともに目前の実川の流れがゴーゴーと聞こえてくる。その後はうつらうつらしていると、夜が明け相棒より5時に起こされる。外に出て実川を覗き込むと、濁流とともに音を立てている。これでは本流筋の釣りは、無理と・・・・近くでは、釣り場を探す車が右往左往走り回っているのが見える。

一緒に起きた、相棒ヨーダちゃんに釣りの願望が消えていないのか確認をしてみる。釣りはしたいが、釣る場所がねと・・・こういう時こそ長年の経験・・・普段、誰も行かない沢探しが役立つのです。候補が上がる、2つの沢のどちらかにするか、二人で決める。

まだ雨も降っており、すべるキケンが伴うので渓相が、なだらかな沢に決める。この天候なので 今井君には悪いが、朝食の用意をしてもらうことで、二人で釣行となる。

小屋から比較的近い所なのだが、車でいけるところまで行く。上から沢を覗くと普段の水量の5倍はある、かなりの水量だ。この流れのどこに魚がいるか見極めなければならない。早速サオを出してみる、相棒が釣り上げるまで後ろについていくことに・・・そんな心配はなく、第一投目で釣り上げる、二投目も釣り上げる。流れの緩い淵にいるようだ・・・私もサオを出してみることに・・・急流は避け緩やかな流れの場所にエサを流すと、魚が飛び出してくる。魚のアタリがなくなった頃、相棒が声を上げ指をさす、よく見ると朽ちた木に花を咲かせる、鮮やかなサーモンピンク色をしているマスタケ、深山に入った時に出逢うオレンジの花。
P1010019.jpg 

魚のマスの肉色だから、マスタケ(鱒茸)というのだ。食べ時は、若いうちだけなのだ。 恵みのマスタケをゲットして納竿とする。3時間弱この天候で・・・中型:10数匹・・・満足。 P1010935_030.jpg
小屋に戻り、ぬれた衣服を着替え、満足感の余韻を愉しみながら缶ビールを飲む、これがまた旨い。
採れたての「マスタケの油炒め」と
P1010920_034.jpg 
ミズの一夜漬け+トマトだけの味噌汁で朝食をいただく。

P1010916_034.jpg
あとは、帰るだけだが、いつもなら、小屋にあるマキストーブに火が入り素焼きにするのであるが、この大雨で魚を焼く風情が堪能できず残念。帰ってから、自宅で焼くことにする。

8月上旬に来ることを予約して、帰路となる。帰り際、「からまつ」さんに立ち寄ったが、あいにく東京さ、行ってしまい、会えませんでした。8月は時間があるので、”お茶cafe” ご馳走になります。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(1) |


2012/07/12 (Thu) 2012年初めての留三郎小屋暮らし(1日目)

P1010885_034.jpg 

今年初めての、病み上がりの相棒:ヨーダちゃんと渓流デビューの今井君の3人で、檜枝岐・七入オートキャンプ場の釣行。
3日金曜日の夜、週末の気になる天気、雨・雨・・・・情報、自宅を出立する。そんなの関係ネエー状態かな?
乗り込むなり、相棒:ヨーダちゃんより耳寄りな情報、昼間パチンコで大もうけしたこと。缶ビール(24本)の差し入れがあり、大助かり。これ幸いと途中のスーパーに立ち寄り、我々のキャンプ生活では考えられない代物、ステーキなんぞを購入してしまう。
その後、車・雨ともに順調に走行?・・・南会津の秘湯「木賊温泉」に入っていくなり。雨の影響で温泉の駐車場には車はなし・・・・我々だけの貸切か?と勇んで行ってみると、
さすが全国的に人気の温泉、この大雨でも奥の湯船にポツリいるではないか、野郎が一人・・ちょっと残念(ニヤリ)。初めての今井君は、野趣満点の風呂を満喫したようだ。

午前1時過ぎ、無事七入オートキャンプ場に到着!管理人の星さんには電話を入れてあるので、管理棟での仮眠をとる。早朝5時に起床、雨は相変わらず降っている。はやく釣りをやりたくて気持ちが抑えられない、うずうずしてくる。釣りの支度をしていると、星夫妻が車でやって来てくれる。昨年以来のご挨拶など雑談をし、そのまま釣りにイザ出陣。 
こう雨が降っていると、明日はアブナイようなので・・・何とかお土産が確保できる沢に行こうと決定する。車で30分でA沢に、2班に分かれ私と今井君、ヨーダちゃんは単独で・・・上・下流を攻めることにする。早速、今井君には私に付き釣り方の様子を見てもらい、適当な所からつり始めてもらう。初めてのサカナは引きも判らず、サオを上げたら掛かっていたという1匹、初心者は大体このケースが一番多い。それでも場数をこなしていくうちに、その後3匹ゲットする。
P1010867_034.jpg

私の分を入れ、8匹釣れる。待ち合わせ時間が来たので戻ると、相棒もすでに釣り終え合流する。相棒の釣果は、8匹ゲットしたとのこと。雨で全身ずぶ濡れ、早く帰りたい温泉に入りたい、今夜のオカズは確保したのでキャンプ地へ戻る。 
   
ぬれた服を着替えた後、日頃ネット上でお世話になっている、「バンガロー&キャンプからまつ」さんに立ち寄り、初めての挨拶をする。車が着くなり、「からまつ」のおかあチャンが敬礼でお出迎えてくれる。気のきいた振る舞いにこちらも思わず敬礼で返す。初めて会う気がしない!前から知っている間柄のようだ、すぐに、打ち解けて話がはずむが・・・後日でもいいかと思い・・・燧の湯に行き汗を流しゆっくり浸かる。

また、年間券を購入するなどして戻り、朝昼食をする。まずは、冷えた缶ビールで乾杯する・・・美味いのひとこと!
午後の釣りは、降り続いている雨の中、相棒に任せ夕食の支度に取りかかる。 
P1010871_034.jpg

釣れた獲物の一番大きいやつから2匹を、3枚に捌く。
P8080042_040.jpg  

入渓した沢にて採ったキノコ:モダシのおろし和えや肉ジャガを作る。その他メインのパスタ、ステーキの下ごしらえをする。あっという間の時間に!
P1010868_034.jpg

料理している間に、この雨の中毎年のハーレー軍団の一員達がキャンプ場に入っていく。テントも張り終えたようだ・・・その後も数台入っていく。総勢12人ほどになっていた。
P1010908_034.jpg 

七入橋近くで釣りをしていた相棒は、放流ヤマメを5匹ほど釣ってくる。
夕食は5時から開宴、ほぼ出来上がっている料理を用意し、お酒を飲々する。
P1010881_034.jpg 

本日メインのビーフステーキにご満悦の、ヨーダちゃん!!
P1010901_034.jpg 

パスタはやさしい味付けにする。
P1010886_034.jpg 

2時間もすると、皆お疲れのせいか出来上がってしまう。
外では雨が一段と強くなっていて、明日の釣りを心配しながら、バタンキューでフトンに潜り込み眠りに着く。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。