--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/30 (Sun) Sweet Pepper

hana291_025.jpg 


 

先月下旬にコンテナに植え付けた「ピーマン」、一番花が咲きました。下にあるわき芽をすべて摘み取る。
 
pi-mann294_025.jpg

摘み取った一番花より、上の枝が威勢意欲伸びてきたら、支柱を立てる予定。 
収穫までの待ち遠しさ、育てる愉しさ、野菜の生長を観ることにしよう。 

他コンテナでは、「ソラマメ」が実り出しましたよ。 
mame296_025.jpg 

mame298_025.jpg 
 

また、堆肥づくりも本日、ダンボールに「もみ殻炭・ピートモス・鶏糞・米ぬか」を入れかき混ぜ堆肥づくりの準備作業。あと1週間もすれば土全体が発酵してくるだろううか?。
eko306_025.jpg 

eko307_025.jpg 

eko308_025.jpg


 うまく発酵が進みだしたら、生ゴミを入れかき混ぜてみよう。時々、米ぬかを生ゴミと一緒に少しずつ混ぜるのをわすれないように、こちらはエコな滑り出しをしたい。

スポンサーサイト

プランター菜園 | trackback(0) | comment(5) |


2010/05/27 (Thu) 待ちわびる作品達!

P5260295_040.jpg 
成形して削り終わった作品:乾燥中


 雨降りの5月26日水曜日は、陶芸サークル日でした。
7月に窯焼きを予定してます。 
この「窯焼き」いうのは、粘土で作ったものを焼くのですが、「素焼き」と「本焼き」があります。
 

 1.形をつくる⇒削りと生化粧⇒素焼
 2.下絵付け(素焼き済)⇒釉がけ⇒本焼き、これで完成となります。

現在、ちょうど「素焼き前のしごと」すなわち、作りたいものの大きさに粘土をたたきながら締めたり、のばしたり、形を整えたりして作品をつくるのです。ここでは、皆小さいころやった「粘土あそび」と思ってください。

P5260288_040.jpg  P5260289_040.jpg P5260290_040.jpg
 P5260291_040.jpg P5260292_040.jpg P5260293_040.jpg    

作った作品を発泡スチロールボックスに入れて置くと、ちょうどの半乾きになる。
来週、削り・成形をします。
P5260294_040.jpg 


 やきものは、ぐい呑みを作り、カップを作り、湯吞みを作り、友達と酒を飲み交わしながら、酒を楽しみ、コーヒーを飲む、器に料理を盛る。自分お生活の中に陶器を自分で作り出し生活を愉しむ。身近に使いながらの人間性を豊かにする、満足感が開けてきます。

やきものga好き | trackback(0) | comment(5) |


2010/05/23 (Sun) エコの始まり

P5230287_025.jpg 


面々隊仲間の「辰巳ファミリー」ブログで紹介していた、生ゴミのエコライフです。
我が家もチョットした野菜づくり「プランター菜園」の堆肥づくりを始めます。

使用材料:もみ殻炭・ピートモス・鶏糞は今年になって購入済みでしたが、米ぬかは2ヶ月毎に精米しているので直ぐにでも始めるつもりでしたが・・・・。
 いわゆる段ボールコンポストの活用なので、雨には弱いので、屋根付きのガレージや軒先がイチバンいいとは訊いていましたが、我が家ではちょっとムリだし、庭先では雨や環境のこともあるので、「どこに置こうか、どこで堆肥をつくろうか」と迷いながら、ついつい置き去りになっていたんです。やっぱり、裏庭でしかも雨よけのフタ付を
ゴミ集積箱ならぬ堆肥回収カートを底のアミの100円ショップ以外は家にあった廃材で2日ほどかけてつくりました。
 P5220287_030.jpg 

P5220291_030.jpg

P5220289_030.jpg  

P5220292_030.jpg


しかも、今日の雨でフタ角度がうまい具合いにちゃんと雨露が地面に落ちているのを確認できたので、明日から早速作りましょうかね?

新鮮な野菜づくりができれば最高なんですが?

プランター菜園 | trackback(0) | comment(3) |


2010/05/20 (Thu) ちゃんと、お茶が出ます!

kyuusu286_060.jpg  


水曜日の午後は、陶芸クラブの日でした。
近頃「やきもの」シリーズがご無沙汰になっています。

4月下旬から先週まで、窯入れが先週やっと終わりました。
今回、素焼きしたものが少なかったため、数多くは焼けませんでした。

その中でも、昔から絵心はまったくないがチャレンジしてみる。
描く題材がないかと、家の中を探していると、ちょうどよく「山野草」の絵材があったので、陶芸用下絵の具でを描いてみることにする。素焼きした器にエンピツで下描きをし、試行錯誤にて加飾してみる。
 
enogu282_080.jpg 

うまく描こうとすると、やたら失敗しますので、線が太かろう・細かろうが何も考えずに素直に描いてます。
色づけは、濃淡をつけて塗ると思ったよりきれいに色柄がでてます。

今までは、素焼きした器に同じように他の仲間と施釉をしています。出来上がった時に何となくですがの自分でつくったというインパクトが少なく感じるのです。絵柄を入れた方が、出来上がった器が明るく見えるし、「自分らしさ」がでるのでとてもいい感じになります。
 
sakuhinn285_060.jpg

左から、ミヤマシオガマ、ミヤマリンドウ、おなじく
ちなみに、粘土は半磁器土、釉薬は透明釉です。

やきものga好き | trackback(0) | comment(6) |


2010/05/18 (Tue) 囀り!

F1010015.jpg 

最近、体をうごかしていないせいか、太りだした気配・・・山に行ってもスタミナがなくすぐに疲れてしまう。
またまた再起のジュギング、この日曜日からやりだす、3日坊主にならないよう気を締めて・・・??。

今日は、田園地帯に向かって歩き出す、上空でヒバリがさえずっている。久しぶりに聞いた。なんとなく子供の頃を思い出す。
本当の春です。春、ヒバリが空高く舞い上がり、さえずるのは繁殖期で、その近くに巣があるからです。それと、雄が雌を呼ぶためと、自分のテリトリーを他の雄に誇示するためためだそうです。
この麦畑の中に、巣がありそう?
F1010016_20100518095151.jpg
30分も歩くと、うっすらと汗がでてくる。家に帰るころには、ひと汗が気持ちいい、朝食がいつもよりうまい。外は、今日も暑くなりそうです。
 
うちの中庭にも、こんなのが咲いています。

P5180297_050.jpg P5180291_050.jpg

F1010017.jpg P5180296_050.jpg

四季だより | trackback(0) | comment(2) |


2010/05/16 (Sun) ワインにチーズ!

チーズ282_050 


5月15日、昨年の10月に引き続き、ワインの試飲会に行ってきました。
今年の春のワインフェアということで、おいしいワインをガボガボとはいかないけど、おいしいワインをいただきました。
 siinn284_040.jpg

ちなみに左側の4本が、お高めのワインです。原産はカルフォルニアとイタリアのワインです。 ワイン選びは、カミさんにまかせ、それなりに堪能しました。
 siinn 283_040

ワインにチーズは相性抜群です。ちょっと贅沢でもしようと、有楽町で途中下車、銀座松屋B1Fにある「チーズ王国」に立ち寄り購入。

ここでは他のデパートはない、ほとんどのチーズを試食させてくれますので好みのチーズが買えます 。
勧められるままに食べ、好きな味わいなものを、フランス産の「プレフォゾラ」と「ルブローションフェルミエ マダムHISADA」の2つをお買い上げ。

kuji285_040.jpg

帰りには、西銀座 宝くじを「ドリームジャンボとミリオンドリーム」2種類、それでも行列のない売り場で10人は並んできましたよ。

  p5150286_040.jpg

購入したくじは、金運アップのおサイフに入れています。いつ、私も億万長者になれますかね。
 

お出かけga好き | trackback(0) | comment(4) |


2010/05/14 (Fri) 留三郎小屋ぐらし(5月1日)

sakanaP5020297_040.jpg 


七入キャンプ場へ向かう途中、これからの渓流釣りに備え、平野商店に立ち寄り釣券(年間券)を購入。オカミさんに放流情報を聞きだすが解禁日以降はしてないという。理由は、放流サカナに体力がないため、雪代が出ると下流に流されてしまうのだそうです。6月になれば、放流するみたいなことを・・・・。
車から本流沿いを眺めながら水量は少なく雪代がでていない状態です。

29日から来られている「ヒビャ夫妻」に状況を確認する。昨年だったら、2~3尾は出ているはずだが、今年はどうしたことか一向にアタリがないというしだい。  
 
コリャしかたがないので、近くの沢にアタックしてみるが、入渓する直前にサオの穂先が折れたり、辰巳パパが橋げたから落ちるアクシデントもあり、不幸中の幸い打撲のみで大助かり、これで初日が終わる。

夜は、「ヒビャ」さん・「辰巳ファミリー」さん、持ち込んだ自酒で半年ぶりの宴を・・・・。

年寄りは早く目が覚め、翌日4時30分起床。釣り支度をした相棒はさっさと抜け出し、朝食前の本流沿いにサオを出してくる。案の定、しぶく1匹釣り上げただけだった。   
 
辰巳ママの作ってくれたコーヒー&朝食を食べ、強打しリハビリ中の辰巳パパを残し相棒と出かける。

途中、途中の山道が雪で覆われているので、雪の上を踏みながら歩くが、歩きづらく足に負担がかかる、ゆっくり登っていくが15分も歩くと、体に汗がにじんでくる。    
 
sakanaP5020296_040.jpg 

沢に到着する、水量は普段より多い、沢沿い全て雪に覆われているので釣り歩るくには楽くだ。
 
sakanaP5020293_040.jpg

3時間ほど行程だったが、春の陽が雪を溶かし、芽吹く木々に渓が活きづいてくる気配、透き通るおいしい空気、雪の中の日差しを浴び、沢を釣り登りながら本当に気持ちがいい。 
   
  sakanaP5020295_040.jpg

今夜の骨酒分は釣ったので止めにする。今夜は飲めそうだ・・・!   
 

午前中に小屋に戻ると、さっそく沢水で冷やしたビールを飲む、汗をかいた時”これが一番”。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(4) |


2010/05/11 (Tue) やっと、回復しました。

2010P5020292_025.jpg 
 


連休に遊びに行ってきたんですが。キャンプ地での朝夕の寒さや日頃の運動不足の影響たたり、帰ってきて3日後あたりからダウンしてしまいました。身体のあちこちの関節痛やらノドの痛みやらセキなどで・・・沈黙しておりました。何年ぶりか痛い目にあいました。 夜な夜なパソコンを立ち上げるのですが、すぐに睡魔に襲われる一週間でした。 
今日から、やっと解放されつつあります。(ですから、日中に立ち上げています) 

2010P5010286_050.jpg 

連休5月1日~3日まで、「ヒビャさん」・「辰巳ファミリー」仲間と尾瀬桧枝岐に行ってまいりました。今年の七入りオートキャンプ場は残雪の影響でオープンしておらず着いた時点では、ヒビャ夫妻のテント他2張り、日曜日は10張りまで増えましたが昨年のテントの賑やかさとは違いひっそり、

2010P5020290_050.jpg
連休中は天気もよく留三郎小屋でおだやかな居留生活を満喫。相棒:yo-daと渓流釣りを堪能することができました。

面々隊のイベントは、6月にも開催しますが、例年ですと6月第1週の土日を予定しておりましたが、今年は第2週の12、13日に設定しました。すでに計画されている方、お間違えならないよう注意してください。追って連絡します。

昨年のキャンプ場付近には、フキん坊やアザミの新芽がありましたが、今年は雪でまったく見られませんでした。今年の山菜は確実に遅れています。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(3) |


2010/05/01 (Sat) 5月の法語(行儀)

 F1010014.jpg

「お行儀が悪い」「お行儀をよくしなさい」。子供の頃よくいわれていましたが、大人になるうちに、いつしか耳にしなくなります。しかし、私達は今、本当に「行儀よく」なったのでしょうか。

もともと「行儀」とは、行いの規則・仕方を表す仏教語で、それが転じて「立ち振る舞いの作法」を意味するようにうなりました。

日々、生活を見つめ直し、規則を守り、「行儀よく」くらしていくことが、安らかなる心を得るための第一歩となります。
 
 
今朝は、7時に相棒:yo-daちゃんと今年初めて檜枝岐に向けて出発をする。今年も七入りオートキャンプ場いや留三郎小屋に駐屯する。残り雪があるそうですが、まずは様子を見てきますので後日、報告をおまちください!

雑記 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。