--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/30 (Thu) ペピーノ

pepi99.jpg

園芸店で「ペピーノ」という苗を購入してきました。

「そのまま食べられる高級トロピカルフルーツ」と購入した苗ポットの札に書いてあります。南米原産のナス科に属する植物で、古くからアンデス山脈地域で栽培されています。

 スペイン語でキュウリのことで、甘い果物になります。日本では高級フルーツなんだそうです。! 苗の購入も初めてで食べたこともありません。あそびごころの栽培開始です。        

 ぺぴーの_030 

 園芸店では、実のなったペピーノを鉢植えにしていました。3本仕立で、 大きさは10cmくらいでした。

我が家も、同じく鉢植えに・・・・・。

スポンサーサイト

プランター菜園 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/29 (Wed) 山小屋生活の準備

つり小物_030 

朝から、キャンプの準備をする。釣りの道具がかなり占めるので、できるだけコンパクトに詰めなくては・・・・。車の中に、いつでも釣りに出かけられるようにしている。余分なものまで積んであるので、全部荷物を下ろして、天日干しをしながら、2名分の渓流タビやスパッツを補充する。雨具やサオ、仕掛け小物、ナイフやナタ、ノコギリを確認。ナタ、ノコギリはキャンプに必需品である。現地での火起こしの薪のカットや流木の切り落としに使う。

それから初めて、LEDヘッドランプを購入、3段階切替ランプ、山小屋での消灯後の行動や御来光の為の夜明け前の歩行に必要なのがヘッドランプです。懐中電灯でもいいんじゃないかと思われますが、両手がつかえるのでヘッドランプが有効です。コース配分の間違いで夕方移動てこともあるので日帰りでも必ず持ちたいものです。LEDなので消費電力も少なく、長寿命なので確かめたく、今回は予備の電池は用意しない。

荷造り1_030 

あとは、キャンプ用食器とナイフ・コップや卓上コンロ、クーラボックスを用意する。

出発前夜に近くのスーパーにて食料を購入予定。おっと、釣りエサを忘れないように!!

「悩める放浪者ぽー」さんのブログを観ていたら、昨夜から「七入オートキャンプ場」着き活躍中・・・横浜のSさんも来るとの情報もあり、我々と同様の「留三郎小屋」の住人となっている人物である。

 ひととき_025

久しぶりに、一緒にお酒がの飲めそうだ愉しみである。 

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(2) |


2009/04/26 (Sun) 野趣ある香りを愉しむ

野ミツバ130_060

昨日の雨から嘘みたいに 朝から天気はいい、ただ風が強い、午前中庭の手入れをする「つるなしエンドウ」の苗をやきものの師匠から3鉢もらい植えようとのぞくとミツバが芽生えているのを見つけ・・・。ミツバは香り、姿とも優れ、精進や懐石料理に良く使われます。本来は野にあるべき植物。いつのまにか栽培品が普及し、店頭に並ぶもやしのようなミツバがあたかもホンミツバと思っているようですが。香りも強く、茎もしっかりして硬い。葉・茎とも利用して風味を楽しむことができる。

ミツふき128_060

我が家の庭、7年前に山から戴いてきた野ミツバ2~3株を植えたものが、沢山の株となって芽生えている。早速、摘み取り、他にも、フキもだいぶ太くなっってきたので一束摘み取る。夕食の食卓には、ミツバはテンプラ、フキは煮物で愉しむ。 

ふき煮131_060

 

旬を味わう | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/26 (Sun) 山小屋暮らし(3)!!

釣人sai_025

 留三郎小屋付近は桧枝岐源流の釣り場であるが、大型はいないが、中型のイワナがつれる。朝夕のキャンプ場の前の実川本流で釣れます。キャンプ場付近まで放流しているので、放流イワナも混じりますが・・・・。  さて、桧枝岐源流である舟岐川は、好釣り場である。左右数本の支流が流入するがほとんどの沢に生息している。支流はトヤス沢、本流は黒沢がよく釣れる。桧枝岐源流である実川は、下流は平凡な渓相である。支流の道行沢や矢櫃平付近の本流を探るとよい。また、桧枝岐川の支流である七入沢、大杉沢は手頃な釣り場である。 以上、釣り場を紹介したがいづれも入渓は容易である。留三郎小屋前で夕方、魚を焼いているとキャンプ場の釣り人から、「どこで、釣ったのか」「どこが釣れるのか」よく聞かれます。数さえ求めなければどこ入渓しても「どこでも、釣れるよ・・・」とお答えしてます。なぜかと言うと、ここ桧枝岐に来て、「ボウズ」に遭遇したことはなく、大なり、小なり釣れています。釣れない人がいるのが不思議でなりません・・・。

 焼き_025 

何十年も来れるのは、魚がいるからです。釣れない方は、一般的なつり方でなく釣り方等に少し工夫をするなどの必要があるのではないでしょうか?・・・

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/24 (Fri) 山小屋暮らし(2)!!

DSCF0027_025.jpg

  渓流釣りを始めたのは、桧枝岐でした。6月始めに当時職場の先輩に連れられ車で夜中をたっぷり、ガタガタ道に揺られ必死に掴まりながら走ってきたものです。夜明けの全山を埋める燃え上がるような芽吹きの美しさに、魅了されてしまいました。

 その日は、静かな渓流のせせらぎと小鳥のさえずりを聞きながら、幸いにして初めてのイワナをいくつか釣って帰りましたが、それからは、その一日が忘れられずに、つい夢に見るように病み付きとなって、以来、30年あまりも渓流つりに没頭するようになってしましました。

 その後もあちこちにヤマメ、イワナを追って釣りしている間に、つりにつき物の沢登りの面白さを知り、あるいは季節の山菜やキノコを採っては山の味覚を味わい、また、高山植物に目を楽しませるという、いろいろな喜びを知るようになったのです。

このように、ヤマメ、イワナを釣っていると、山の釣りでなければ味あうことのできないたくさんの愉しみが加わってきていっそう釣りの趣味を深くさせています、時には、山のにおいを嗅いだり、木々の緑を見ただけでなんとなく満ち足りた気分にしてくれます。   

イワナ10_025

 また、四季の移り変わりに、川原に腰を下ろして見上げる行く雲、岩すそを洗う清らかな流れ、そこはかなく漂うってくる森の匂い、その静けの中に自分を取り戻せることのできるのは、日ごろ多忙に終われている身にとってうれしいことの一つです。  また、山里の旅情を味あい、里人に接してひとの心の暖かさと素朴さに触れることの出来るのも渓流釣りこそ味わえるものなのです。

この数年で数々の皆さんをお誘いして、一緒の楽しみをいろいろな喜びを心行くまでたくさんの人たちと味わってきています。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/22 (Wed) エプロンマム(その9)

マム40_025

やきものクラブ」入会後、初めてお世話になる。

やきものクラブ「エプロンマム」の代表幹事:Kさんに挨拶をする。さっそく、焼き窯(電気)や電動轆轤の説明やクラブの生い立ちなどいろいろと話してくれました。ひと段落後、持参した粘土を捏ねたり、成形しながら手動轆轤にて湯のみとご飯茶わんをつくる。

       作業室43_025         轆轤2_025

やはり土に触れあい冷たい土の感触は、不思議と心が落ち着くものです。柔らかい土を手でこね、ろくろを回したりして、いろいろな形に作り変えることは楽しめます。ゼロから作っていく工程には、これで良しというものはなく、百人いれば百通りの楽しさがあります。

 今日は初めてというか様子見もあったが、雑談・お茶しながら愉しいひと時を過ごせました。

最後には話が弾み、焼き窯の話からそろそろ「作品を焼きましょう」と言うことになり、素焼き:5月7日から、本焼き:5月12日で「焼き窯」の予約をしてくれました。

窯9_025                                      こちらとしては、作品が貯まりに貯まっているので、本当に助かりました。

 次回は、ぜひ電動轆轤を体験させていただこうかな?

やきものga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/21 (Tue) 山小屋暮らし(1)!!

留小屋 

留三郎小屋は、釣りや尾瀬探勝や会津駒ヶ岳・帝釈山へのトレッキング基地として、20年も近く利している。

小屋の中には、毎年行くだびに面々会のキャンプ・炊事道具が持ち込んである。管理人さんのお許しをいただきながら置かせてもらっていると・・・・・いや、My別荘として使用していると言った方が早い、ココには同業者satouさんの道具もありますので・・・・・気をつけましょう。

これらは、各々会員の持込なのだ。小屋の扉を開くと、直ぐに左側に郷愁を誘う昔ながらの薪ストーブ。今使っているのは、2台目。私のホームグランドのつりの沢に行き、車を停めた近くに捨ててあったの物をリサイクル。大小のナベは、山菜やキノコをゆでる。又、フライパンは3つあり、窯料理パスタ・ピザを作る時に上手く使う。電気釜は、煮物・キノコごはんを作る、最低限の調味料も常備してあり、。イワナを釣ったときの骨酒用 のやかんやおたま等のキッチン用品もある。そうそう、テーブル・チェア・雨よけターフも置いてあるので、野外でアウトドアを愉しめる。右側は4畳部屋、突き当たりが8畳部屋である。しかも、寝布団付きで8名ゆったり収容できる。                                煮炊きや暖房の燃料は、目の前の川原に行けば薪として転がっているので、食材料さえ持ち込めば、すぐに山小屋暮らしに、自然に戻れる空間、まさにアウトドア生活を満喫!             溜まったストレスを解消するには、もって来い。

 留三郎小屋を利用するにあたり、次のこと守りましょう! 

    • 自然を守り、マナーを理解できる人。
    • 使った道具等は綺麗にして、戻すこと。!
    • 帰るときには、部屋掃除・ゴミは持ち帰るを忘れずに!

           ー以上ー

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/19 (Sun) 連休行きそう?

Kif_0017.jpg 

(2008/06)

 春の訪れにより、桧枝岐での山小屋暮らしは毎年5月の連休に行っていたが、ここ数年「怪しい面々達」と6月の第1週に訪れ「山遊び」を満喫している・・・。

「うろんの日々」さんのブログによると、七入オートキャンプ場への通行止めが解除されたようであります。キャンプ場にはまだかなりの雪も残っているようですが、オープン予定の5月1日までにはあらかた無くなるでしょうとのことでありました。 もうすぐまほろばのキャンプ場で皆さんにお会いできる・・・・

ヨーシ!!今年は、5月の連休にも「行くぞ」と想い馳せる。                                 これから、スケジュ-ル調整しなくてはと・・・さっそく、行けそうな人に勝手にメールを出してみよう。        どうなることやら、わからないが・・・今回は最悪でも、一人でも行くような気がする。                                                  

 当然ながら、「面々達」とも会いたいので、6月も計画していますが。。。

桧枝岐(留三郎小屋)ga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/19 (Sun) モバイルノートを買ちゃいました!

新品41_025 

大学のゼミでノートパソンが必要だと二男が言ってきたので、急遽モバイルノートを購入するはめに・・・・・

本人希望もあり、NEC LaVie Light BL100/SA6Bにしました。                              スペック的には、他のミニノートPCの大半と同じです。
USBに接続したiPodや携帯電話などの機器を充電できる」だそうですが、実際に使用してみて感じた印象は次のとおり。
●キーボードのキーが結構大きい                                                         キーピッチが17mmのJIS標準配列(88キー)で、右コントロールキー付き。 
●液晶が綺麗です。
 液晶の大きさは10.1型ワイド。「スーパーシャインビュー液晶」、グレア液晶(光沢のある液晶)と同様、光沢の  ある画面、ライトの光などの反射を抑えた作りです。
●デザイン                                                                           液晶を閉じると弁当箱のような角ばった形で、丸みを帯びていない珍しい形。                                 ●その他設定                                                                       日本メーカーのパソコンなら、余分なソフトが勝手にインストールされていますが、さすがにHDDの容量が160GBと少ないので、強制的にインストールされたのはウィルスバスター程度で、後はブラウザのスタートページがBIGLOBEかYahoo!が選べる。                                                   ●インストール方法                                                                       DVDなどのディスクドライブがないので、エクセルなどマイクロソフトオフィスもSDカードを介してインストール が可能。My家では、HOME-LANを介してインストール。

我が家ノートパソコン4台(新品は2台 )です

ノートPC42_025 

 

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/15 (Wed) 陶芸クラブに入りました。(その8)

ちゅーりっぷ_025

                      (庭に咲きました)

知り合いの窯焼き元が、休止していて「作品」が滞っており、何とかせにゃーと思うが・・・・電気炉を購入するには、ましては、電動ろくろまでとなると、、、、大金がかかる!!そんな金はないし・・・と思いつつ・・・

市の広報紙に公民館クラブ員募集していたので、さっそく私の陶芸の師匠Sと申込みを兼ねてK公民館にお邪魔し、幹事の方に伺う、陶芸クラブは4クラブあり、そのうちの1つとのこと会員数が2名となったため、募集したとのこと。我々を含め3名新たに入会するとのこと。

要旨

  • 会費なし、電気炉使用に1回:2000円かかる
  • 現在、先生についていない。
  • 電動ろくろ:2台、電気炉は公民館に常備。
  • 粘土・小道具は持参する

説明を聞き、即刻、入会する。                                                   なにせ、会員も5名と少なく気兼ねがいらない、陶芸の先生についていない、自由がきく”会費もなし”やりたかった”電動ろくろも使える。”   全てラッキー。      

 さっそく、参加スケジュールにいれる。 来週の22日が「愉しみ」・・・・・・。

やきものga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/14 (Tue) にゅうがくしき!!

P4130255_025.jpg

 13日、午後から二男の大学院の入学式がありました。
われわれ夫婦も、式典参加してきました。 (なお、入学式は、毎年創立記念日に行われるそうです。)

午前11時ごろから、大学のキャンパス内を散策する。

正門42_025 

ぐるっとあちこちを観ながら横断する広いのって、広いのって、歩いたので、急にお腹が空いてきたので。。。。。。。。。。。

あれ、大学といえば、学生食堂。昼食にでもと思い
学食ってないの?と、思ったら、ありました、ありました。

カレー、カツ丼、コーヒー、ケーキを注文、2人で1300円。何せ、安くて、美味しいので、得した気分。
と、まぁ、ミーハーチックな大学探索をしてしまいましたが、

そうそう、驚いたのはキャンパス内に、コーヒーショップ「ドトール」あり
サンドウィッチショップ「サブウェイ」あり、そして「スターバックス」があったこと。

初体験の私達夫婦、かなりenjoy疲れました。

入学式が無かったら、一生行かないで終わってたことでしょう。 

日本武道館で行いました。
今日はスッキリ快晴で、良い入学式日和でした!
武道館の中はとてつもなく広い! 新入生と、その保護者でほぼ満席でした。 

式終了後、東京・丸ビル;5F 自然食ダイニング「シェフズ ブイ」に入る。長男を呼び寄せ、「野菜が主役」のお料理で祝賀会を兼ね、家族4人でDining&Winingタイムを満喫する。

料理はヘルシーでどれも旨い、やさいの甘味になっとく!

【必食】                                                                           「生ナスのサラダ」美味しかったこと・・・・・何せ、普段「ナス」が食えない倅達が食べました。!!

20時30分、帰宅しました。

今日は、疲れましたので ・・・・・。

お出かけga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/12 (Sun) 「さくらの川」になりました!

sakura1_050.jpg  

病院に行った帰り道、桜を見て行こうと思いたち近くの公園に立ち寄る。満開のさくらに、桜吹雪となって散り始めていた。なんと、川一面、花びらが散り積もり浮かんでいる。地元でこんなの初めての光景。

桜で花びらじゅうたん状態なのだ!!

   sakura公園_050 

ここは、 小中学生時代よく遊んだ。魚獲りや釣りをしていた公園。近年は、5年前に1回ぐらい久しぶりに散策する。桜の下で、若い女性グループや母子でお花見をしている、のどかな光景静かでゆっくり自転車で乗り回す。昔の思い出に慕たる、自然に体も、いい気分。!!

四季だより | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/11 (Sat) ヘアカット「CARREYO」!

             采女橋P4110246_025

2月7日以来であるが、お江戸築地にに2人で出かけるが、久しぶりにサラリーマン時代によく利用していた新橋にある、ヘアカット専門「CARREYO」に行く。人気のせいか、5人待ちであったが、回転が速いので待つ時間はさほどイライラするほどのことは無い。

以前は、忙しい方の身だしなみ、10分1000円のヘアカット専門店全国チェーン「QBハウス」の1,000円カットを、ガソリンスタンドみたいに手軽に利用したが(?)

あるとき、新橋で仕事を終えてから帰宅する前に利用するようになったのが、写真の理髪店だ。

 カット店1F1010112_080

腕の方は、以前までの行きつけのヘアカット専門店より歴然と居心地がいいのだ。料金もカット900円、カット・シャンプー1600円、カット・シャンプー・髭剃りまで入れて1900円である。しかも、60歳以上はシルバーカード発行し200円引きである。スピ-ディにやってくれるから、時間を有効に使いたい自分にとっては有りがたい。カットが上手、言葉遣いも丁寧。店内が清潔感あり綺麗、雑誌も置いてあり何も文句の付けようが無い。

また、至近距離で競合している、「新橋ステーションバーバー」には行かない。ガード下でうるさいし、洗髪に移るとき、一旦椅子から降りて、水道のあるところまで足を運ばなくてはならない難点があるからだ。やはり、圧倒的に片方の「CARREYO」に足を向けることになる。

1カット・シャンプーで15分ぐらいで終わったので、待ち合わせ場所に向かう。新橋演舞場から采女橋をとおり抜け、築地に着く。買い物は、既に購入してあり運ぶだけ。!

銀座三越のミートショップにて、デジカメを1枚と撮ったら店員に注意されてしまった。

三越ミートP4110247_0251枚の写真だ!

今まで撮ったことはなく、外人がデジカメで撮っているのを観て、つい・・・・やってしまった。反省する。!

銀座は、あちこちでビル工事をしており工事標識にぶつかる。歩きにくいが新ビルが増えそう、秋あたりが愉しみ。

お出かけga好き | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/06 (Mon) 淫羊霍という!!

イカリ草88

イカリソウである。昔から精力剤として有名。食べてみるとその味は、漢方薬独特の甘やかな香りが口に漂う、ただのくさではない感じがする。若芽は茹でた後一晩水にさらして苦味を抜き、和え物や炒め物に。葉はてんぷらとして芳香を楽しみたい。

今日は、さわやかな天候とても気持ちがいい、あちこちで咲き乱れる桜を見つけながらのウォーキング。

早稲田01 工業団地_065

 

小一時間、ゆったりと。

途中にて、つくし・・・・・満咲 

 つくし92 

旬を味わう | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/03 (Fri) 初めてのボランティア!!

パソコン

今日は午後から、パソコンボランティアの初めての日天気が良いので、公民館まで歩いて行く。13時15分に家を出る。満開のさくらを眺めながら31分に着く。1分遅れる。 

受付にて挨拶をし、2Fのパソコン室に入るボランティアの先輩Nさんが着席していたので、ご挨拶をする。

パソコン20台に対し、参加7名が既に始めている。その後ボツボツと参加計10名参加となった。そのうち女性が3名ほど。年齢的には、30代が2名程いらしゃいましたが、他は50~60代でした。

ほとんどが、ワードで文章を作っている人が大部分、質問は改ページしない・・・?覗いてみると、なぜかクリップアートがじゃまをして改行できないでいるので、説明してからクリップアートを上の方に移動してやる。

午後13時30分から16時00分まで、雰囲気や様子をみたいので静かにしていた。

皆さんホントに静か・・・・・、何かもう少し熱くしてしているのか思っていたが・・・・・。

さくら90_050 

感じたこと・・・・

何かが、足らないが気がする・・・・・。

ボランティア | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/01 (Wed) 4月の法語!!

4月法語41_025

春が来た。・・・・

慌しい毎日が始まる、たまには立ち止まって道に咲く花をみつめてみよう。花はこんな色を、こんな形を、こんな香りをしていたんだ・・・・私の心の中はどんな花がさ咲いているのか? 

 

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。