--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/14 (Mon) 大奮発、魔性のワイン(@_@;)

masyo349_025.jpg 


先日、次男の誕生日をケーキとワインで祝いました。
 P1020520_025.jpg

ケーキは「ドルチェリア カフェ プリンチペ」さんのチョコレートのバースデイケーキです。
スポンジの中にもフルーツがたくさん入っており、甘さは控えめ、大人の味、美味しかったです。
P1020524_025.jpg 

ワインの方は、とりわけ・・・大奮発(@_@;)・・・・・。
華やかな高い香りがする代物。

一口飲んでみる、非常にコクがあり、
飲み込むとまろやかな土壌味わい。このワインに関しては、数々の逸話が残されているみたいなので、何もコメントできません。
 
ましょう 

こんな贅沢な至福のひと時を味あうことができました。
それほどまでに魅了する 魔性のワインかも知れませんね。もう二度と飲めないのでしょう。
しかし、
裏腹ではいつかは、また飲みたくなっています。 

当の次男は“魔性のワイン”を味見だけで美味しとぜず、代わりに自家製のワインを飲んでおります
カミさんと二人で、ニンマリでした。

スポンサーサイト

ワインga好き | trackback(0) | comment(1) |


2012/12/21 (Fri) スペシャルなワイン!

    P1020407_025.jpg


二次発酵中の自家製のワインが1ヶ月経ちました。
ようやく
本日、発酵ビンからワインボトルに詰め替え作業を行いました。 
 P1020178_025.jpg

サイホンを使って、ワインボトルに詰める。
P1020412_025.jpg

この段階が
ヌーボーワイン。飲んでも美味しいし、さらに2年経てば熟成ワインとなります。
今年は7本のみ、初出荷です。
 P1020416_025.jpg

出来上がり具合は、ラブラスカの香り、いわゆるナイヤガラ特有の香りが漂い、さらに口に含むと、フルーティーな甘さに芳醇なバラの香りが加わる微美なるテーブルワインができました。

ワイングラスに、2杯ほど注ぎ試飲する。 
P1020406_025.jpg
今年は、いままでのブドウと違うので、どんなワインとなるか不安でした。色は汚く見えるが、濃いオレンジがかったピンク
、光に当てると薄いローズピンクに変幻します。
 
グラスに近づけ、ラブラスカの香り、いわゆるナイヤガラ特有の香りが漂ってきます。
さらに口に含むとフルーティな甘さにバラの香りが加わり微美なるテーブルワインとなっています。アルコール度も市販のワインより強く」感じられます。

手造りワインには手造りのオリジナルラベルが似合います。(写真は2009年版)
次はオリジナルラベルを造りにこだわり、一人前のワインボトルに変身させます。
 P1300175_025.jpg
                 

カミさんが試飲させると・・これ、美味いので残してね!\(^o^)
これでは、おそらく
1月まで持ちそうもありませんね。

ワインga好き | trackback(0) | comment(5) |


2012/11/29 (Thu) 虜になったワインです!

P1020298_040.jpg


夕方、綺麗な木箱で届きました。 

 P1020296_040.jpg

ドライバーで蓋をこじ開ける、釘の抜ける余韻を感じながらのお披露目です。

シガリュス・ルージュ2010、こいつは
フルボディで、豊かな味わいと香り、エレガントな余韻、時間とともにスパイシー~モカ・トースト香りへと変化していきます。
 P1020300_040.jpg

また、熟成されたチーズとはピッタリのワインなのです。
ちょっと、豪華すぎて飲めそうにはありません。・・・・失礼しました、うそです。

先日、北の大地からドカ~~~~~~ンと届いた第3弾の鹿肉もあります。
P1020290_030.jpg

秋冬の味覚をワインと一緒にクリスマス、正月に楽しみたいと思います。

ワインga好き | trackback(0) | comment(2) |


2012/10/24 (Wed) プレミアムなワイン!

  
P1020150_050.jpg 

    
今夜は、久しぶりのフランスの三ッ星レストランでも提供されているプレミアムなワイン。

シガリュス・ルージュ2010

驚くほどの深みのある濃い色をして、余韻の長いアルコール度数は高めだが、滑らかでしなやか、喉の奥でしっかりとしたタンニンによって支えられている。
フルボディで時間とともにスパイシーさ・モカ・トースト香へと変化が素晴らしいのです。豊かな味わいと香り、エレガントな余韻また、熟成されたチーズとは抜群に相性が良いので・・・虜になりそうなワイン。 

2010N.jpg 

生産者は、ジェラール・ベルトラン。

寝かせるワインなので、遮光するため瓶も一回り大きい厚みがあって黒いガラスを使っています。

毎日飲むワインにしては少々高めだが、つい追加注文してしまったほどのワインなのだ!
ワインは、自分が美味いと思えば良いと思っている私であります。
 

ワインga好き | trackback(0) | comment(1) |


2012/04/21 (Sat) エレガントなシャトー!

P1010386_025.jpg 

今夜は、シャトーワインです。
シャトー ドゥ ラ ガルディーヌ(2008 ボルドー)

抜栓したとたん、豊かな香りが広がります。グラスに注ぐと、鮮やかな紫色を含んだルビー色で、チェリーなどのフルーツ、黒胡椒のスパイスの味わい、またレーズンのような味わいも漂ってきます。

濃味のワインではありますけど、余韻の長い後味が良いワインです。バランスの取れた酸味とアルコールがっしりと融和した、タンニンと融合がバッチリ同じ濃いワインと比べると、エレガントなワインと言えますね。 ビンの形状が少し変わっています。上から見ると、なぜか丸み帯びた楕円形なんです。 
P1010385_025.jpg 

 
ちなみに「シャトーヌフ・デュ・パプ」を簡単に訳すと、「法王の新しい城」というらしい。14世紀の法王庁が 、夏の離宮をこの地に建てたためにこの名前が付いそうです。
 
P1010387_025.jpg

エーオーシー -シャトーヌフ・デュ・パプ
グレナッシュ, シラー, ムールヴェードル, ミュスカルダン
フランス >> ヴァレ・デュ・ローヌ >> シャトーヌフ・デュ・パプ
シャトー ドゥ ラ ガルディーヌ辛口
容量750ml

ワインga好き | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。