--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/05 (Tue) 挑戦状を受ける!

P1020593_025.jpg  


先週の日曜日、釣友の相棒:ya-daちゃんと昨年に引き続き、赤久縄渓流釣り場に行って来ました。どうしても、送別会でイワナの骨酒で盛り上げたいと。

8
時に出発、一時間余りで到着する。先週降った雪が大分残っており、釣り場は雪だらけ・・・こりゃちょっとヤバイことに。

お店の女将さん言うことには、土曜日は16度に上昇したのにもかかわらず、まったく釣れなかったそうです・・・たぶん、雪が溶けて、川の水温が低くなったためだと思ってま・・雑談で我々に、プロの腕前をみたいと挑戦状をぶつけて来ました。

それならば断然、釣る意欲がこみ上げて来てすぐさま釣り場に向かいま~す。
P1020590_025.jpg 

数を釣り上げるには、魚の習性、種類や放流場所・時間帯などが重要なので、相応しい場所を決める、魚を放流してもらう。まず、サオ出し一投目・二投目とも釣れてくるので、この時こそで一気に集中してエサを飲み込ませないよう慎重に手返しを行う。これが肝心なのだ、針がアゴに引っかかるため早く外せ、短時間で多く釣り上げてしましたいのだ。小1時間もすれば、魚が岩場に隠れてしまい、エサを食わなくなる・・・。時には、期間を置くと連れ出す・・・こんな時間を過ごす・・・楽しい!
P1020585_025.jpg 

昼飯までに、二人で31匹(イワナ:28 ヤマメ:2 マス:1)
P1020586_025.jpg   

管理棟にに戻り、お昼のうどんを注文をして待つ間に釣った魚を見せる・・・・プロ力を証明してみせる。
P1020602_025.jpg  

午後は、残りのイワナを2釣り竿納とする。他の釣り客は・・・当然あまり釣れていない様子でした。場所が悪いよ。。。。魚の隠れるところたくさんあるところは釣れないよと、言いたいのです。
P1020604_025.jpg 

翌日は、骨酒用に魚を焼きます。

スポンサーサイト

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(1) |


2012/12/16 (Sun) 冬の渓流釣りの趣!

P1020372_025.jpg 


昨日、面々隊の古狸3人で、水戸の斎藤ちゃん・相棒:yo-daちゃんと群馬「赤久縄」渓流釣り場へ。
P1020387_025.jpg 

雨予報のため、8時に出発、約1時間で到着する。つり客は、すでに3名いる。料金を支払い、釣り場へと・・・ところどころの落ち込みに氷が張り、厳寒な渓流模様。
P1020373_025.jpg

予報に反して天気はよく、日が昇るにつれ気温が上がり暖かく、寒さへの完全武装は解け、
魚の活性が徐々に上がり、餌に魚が食いつき始めました。低水温の中では、沈み気味の魚の鼻先までしっかり落としてあげないと釣りにはならない。14時に納竿する。
P1020382_025.jpg

釣果は、ヤマメ・イワナを3人で52匹の大量でした。冷たい水の中、手がすぐに悴んでヒイヒイしながら魚を捌くが、こればかりは辛いものがあります。
P1020380_025.jpg 
今回は、リクエストで「甘露煮」用のサカナを焼い始めます。

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(3) |


2011/01/02 (Sun) 初釣りです。!

NEC_014.jpg  
放流した40㎝クラスの大岩魚


正月から、相棒:yo-daちゃんと今年の渓流つり初め、渓流つりと言っても禁漁期間だから、「管理釣り場」です。
早朝6時に起床、未だ陽が明けず薄暗いが外に出てみる水道は凍っていない、寒さが温い。
待ち合わせ6時30分にてお出迎え荷物を荷台に乗せ出発。

途中コンビニに立ち寄り、1時間ほどで釣り場に到着。つり客は、すでに1組いる。常連のお客、その後お客は、昼までには10名となる。

先ずは、釣る場所にアイスBOXを置き確保し、 「赤久縄」さんの受付を済ませ、甘酒をいただく。
新年のお祝いとして大型のイワナ40cmオーバーを放流したとのこと、釣り場のいたるところに潜んでいる
らしい・・・、
身体が暖まったっところで、さっそく釣り場に・・・。

例年に比べ、山間の厳しい寒さはなく真冬のつりにしては、気持ちの良い暖かさ、

魚は、イワナヤマメを9時に放流後少し時間が経つと、イクラで入れ食いで釣れて来る。
食いが渋ってきたので、11時に昼食。

その後、6匹釣り上げ14時に納竿する。釣果は二人で50匹、イワナが35匹で。
P1030231_025.jpg 

しかし肝心の、大型のイワナは一向に見えず岩の中に隠れているようなので、次回に期待。

明日、釣ったサカナを料理、相棒yo-daちゃんリクエストの「甘露煮」で、その前に「素焼き」をしなくては・・・・・。 
 

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(1) |


2010/07/23 (Fri) 厄病神がいく!

あゆ065_030 


「8月の檜枝岐キャンプのお誘い」を関連隊員にメールを出したところ、相棒;yo-daチャンより電話が入る。明日(22日)、休みを取り、鮎つりに行くことを聞きつけ、わりと近場なので行ってみることに、朝の6時に起きて出かける。現地への場所がわかりづらいので、携帯に入れ誘導されながら釣り場に着く。すでに、鮎は数匹釣れていました。今日は、水量が少ないため、なんとなく食いが悪いと言う。釣り場は、2つの川の合流点なので左右から水が入り込んでおり、周りはアシで覆われ、3名しか釣りが出きないような狭いスペースなのだ。
 
風景2052_030 
 着いたときから、日差しが暑く釣りどころではない状態だが、少しつりの様子をみる、磯のフカセ釣りと一緒でマキエをして流していく。ただ一定の間隔で釣り人が横に並び、横に流していくので、両側の人に邪魔にならない範囲で流すことの繰り返し。
えさ2058_030 
マキエは流すごとに詰め込んで上流に投げ流していきます。エサは鮎用のエサだという。
風景_2054_030 
 
しばらく、様子を見ていると、隣に座ったつり師の方はまさに入れ食い状態、見ている間に。数十匹釣り上げれ、時にはダブルで・・・・、相棒は、ぼつぼつの数匹・・・。
ダブル2062_030 
tonnbo63_030.jpg
 
午後から、用事はがあるので9時前には退散する。
今回は、疫病神の私が行ったお陰で、相棒はさっぱりでしたが、次回は期待したいものです。 

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(2) |


2009/12/28 (Mon) 1年ぶりの管理つり場です!

つり104_050

1週間前から、相棒yo-daちゃんから釣りのお誘いもあり、5年ぶりに鮎川上流にある「赤久縄」に行ってきました。管理釣り場でのつりは、1月2日以来です。 

今年は、「やきもの」やら「パソコンボランティア」やら「家のこと」やらで何やかんやと用事ができたり、毎日が休日なので近くの釣りは「いつでも行けるんだ」という気持ちもあり・・・・だんだんと遠ざかっています。

ここ「赤久縄」での釣りは5年ぶり、釣り場風景は以前と変わらない。8時半に受付、9時にすぐに放流。はじめはイクラで・・・その後ブドウムシでコンスタントに釣りあげる。11時ごろから、サカナの遊泳が見えなくなり釣れなくなったので、昼食をすることに食事処に戻り、目の前の囲炉裏で暖をとりながら、二人でビールを飲みながら来年の釣り談義に気分は爽快。新ソバを注文し昼食する。再び釣り場に戻り、サオを出すが釣れないので最終手段に出る。底にたまった落葉の中に隠れているサカナを追い出す作戦に出る。その辺にある枯れ枝で水中に溜まっている落葉を掻き分けると、驚いたサカナが出てくる、出てくる。これを機にボツボツと釣れ出し数匹をゲット、その内に釣れなくなったので14時30分にサオを納める。釣果は2人で36匹。マスが4匹以外は全てイワナ。天候に恵まれ気温も暖かく、渓流釣り好き者にとっては大満足でした。他の釣り人も10~15匹ぐらい釣れていました。

釣り場111_050 

釣果109_050

37匹114_050 

 なお、冬季割引が12月1日から釣り券が1000円引きの3000円DEスタートしており、しかも魚はイワナ一色、20匹近く放流してくれるので釣りキチの我々にとっては・・・・ありがたーいお得なサービスでした。

 相棒から燻製のご要望があり、釣れたサカナは帰宅後直ぐにサカナを捌き、塩、コショウ、砂糖、酒、ハーブ:セイジ、ローズマリーしかも今回は自前のワインまるまる1本分で漬け込むという豪華な仕込みであります。 27日朝、早速冷蔵庫に仕込んであったサカナを出し塩ヌキをする。サカナを見るとワインレッドに染まり、期待感が走る。庭の洗濯サオにサカナを並べ、風乾する。本日は風は吹いてお、り燻製日和、つるしてから1時間ぐらいで乾わいてきたのでスモーカーにかける。

風乾121_050

夕方には、燻製ができる。

完成127_050_025  

早速、味見する。「赤ワイン」の香り、塩加減もgood!。食べてみるとワインが染み出ている、上品な味になっており出来ばえに、満足。相棒yo-daチャンが、出来上がった燻製を夜に取りに来たので渡す。燻製は、職場の仕事納めにと・・・・来年の初釣りを約束し、帰っていく。

渓流釣り便り | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

◆七入オートキャンプ場便り◆

(ここをクリックしてください。)★★最新情報★★  2014/10/1 七入オートキャンプ場は、今年も諸事情により、営業日を下記の日程までとさせていただきます。七入オートキャンプ場営業終了日:2014年10月19日(日)。紅葉の見頃に予定を立てていらっしゃる方には大変申しわけありませんが10月20日(月)もって営業休止とさせていただきます。 まずは、現地にお問い合わせください。来年も皆さまのご来場を心からお待ちしております。


◆留三郎小屋ぐらし◆


通い続けて34年、尾瀬・檜枝岐の四季折々の自然を謳歌しています。また、渓流釣り、尾瀬探勝・トレッキンング基地として「愉しい面々隊」の仲間達を季節毎にお誘いをし、山遊びを愉しみ、自然の恵みに感謝し、大自然魅力にとりつかれ山ごもりしています。 今年も、新たな出逢い発見を愉しみ訪れたいと思います。

 

最新記事

Myリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

プロフィール

留三郎

Author:留三郎
定年後の自由時間を、ナチュラルな手作りの魅力・里山の自然・面々達とのふれあいなど、心豊かな遊びをライフワークとしている山遊人です。

カテゴリ

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。